一般社団法人 関西電気管理技術者協会|業務案内

一般社団法人 関西電気管理技術者協会

協会概要

トップページ > 協会概要 | 業務案内

一般社団法人 関西電気管理技術者協会 業務案内

電気管理技術者とは

詳しく見る

私たちは、電気管理のエキスパートです。

先進の保安システム

詳しく見る

皆さまに安心して電気をお届けするために先進の保安システムを導入。

電気保安教育

詳しく見る

ハイレベルな技術者を育てるため、保安教育にも力を注いでいます。

技術研修会

詳しく見る

エキスパートたちは日々新しい知識を取り入れるべく邁進しています。

安心の補償制度

詳しく見る

万が一の際にもご安心ください。安心の補償制度をご用意しています。

身近なトラブル

詳しく見る

身近にひそむトラブル。私たちは皆さまの身近なドクターです。

一般社団法人 関西電気管理技術者協会の電気管理技術者とは?

電気管理のエキスパートです

電気主任技術者免状の交付を受け、電気設備のエ事・維持・運用の実務経験について経済産業省の資格審査に適合した技術者です。

電気のホームドクターです

本人が常にお客様の電気設備を点検、記録するシステムですから、設備の状態をいつも把握しておりますので、 事故・故障のときにはすばやく適切な処置をとることができ、また、色々なご相談にも応じています。

ハイレベルな技術者集団です

一般社団法人関西電気管理技術者協会に所属し、常に最新の技術と情報の収集に努め、これらの研修にはげんでおります。また、大きな事故などのときは相互援助・緊急応動等集団で保安を確保する体制をとっています。

ページ上部へ

先進の保安システム

先進の保安システム

当協会の管理技術者は社団法人としての安心と信頼、個人・法人の長所を兼ね備えています。業界最多の会員数を有し、会員即、応動要員で安心をお届けいたします。又、不意の漏電には常時監視通報装置によりリアルタイムに会員の携帯電話に異常を通報するシステムも用意しております。(システムにより有料の場合もあります)

漏電のほか各種種警報を携帯電話に知らせるシステムもありますので担当管理技術者にご相談下さい。
電話回線の無い場所でもPHS又はNTT回線によりリアルタイムに異常を知らせる事が可能です。(有料)

各支部のエリアは下記をご覧ください。福井県の一部(遠敷郡)も含まれます。

各支部のエリア

ページ上部へ

電気保安教育

技術研修会当協会の電気管理技術者は、長年の豊富な実務経験により電気のあらゆるご相談にお応えできます。省エネから電気料金の削減提案、電気保安教育まで最適なアドバイスで貴社のお役に立ちます。

社内安全講習も随時実施、さまざまな研修で最新の技術と知識を習得しています。

ページ上部へ

技術研修会

技術研修会各支部では随時技術研修会を実施し、最先端技術の習得と情報交換を行っております。

電力会社の発変電所見学や機器メーカー、各種施設見学もその一環です。

また、定例研修会も毎年実施し、会員の更なるレベル向上を図っています。

ページ上部へ

安心の補償制度

賠償責任保険

当協会のすべての会員は、受託した施設の無事故、無災害をモットーに業務を行っています。
しかし、万一業務上会員の過失に 基づく事故が発生し、その結果第三者の身体や財産に損害を与えた場合には、法律上の損害賠償責任を被る損害をてん補する保険に加入しています。(1事故・最高10億円)

受電設備補償保険(機械保険)

雷害や水災(高潮や雨の吹き込み、漏水、溢水、風災、津波、地震、火災、爆発、噴火、自然劣化、設計上の欠陥、暴動や破壊行為によるものは除く)による損害が発生した場合には、設備の復旧に要する費用を補償する保険に加入しています。

補償の対象:電力会社との責任分界点から受電設備内のブレーカー負荷側端子まで(低圧設備は含みません)。

ページ上部へ

身近なトラブル

事故は、機器の自然劣化から施工不良によるもの、地震や雷水害等自然災害によるものまで数多く報告されています。日常の点検で事故の兆候を素早く捉え、的確な改修のアドバイスを致します。

電力会社引込み用開閉器の負荷側端子の締め付け不良による焼損事故。

高圧ケーブル保護用配管腐食施工後30年経過。早急な改修が望まれる。

キュービクル内にモヤシのようなツル。事故に至る前に除去。

NFB端子締め付け不良による焼損。新設時の仮締めのまま放置による焼損も時々ある。

漏電による火災。フレキシブル配管が激しく燃えた。事故後、回路に漏電ブレーカーを取り付けた。

水銀灯安定器焼損。収納BOXが狭く温度上昇と経年劣化が原因。上段の安定器のみ焼損する。

過電流によるケーブル焼損。ケーブルの許容電流を超えて使用したもの。

差込みプラグの焼損。埃や湿気のある機器のコンセントは定期的に点検を!
トラッキングによる火災も意外と多い。

クレーンで吊り上げていた鉄骨が動力200V配管に当り電線が露出。漏電ブレーカーが遮断し、大事には至らなかった。

ページ上部へ